Compilers: Principles, Techniques, and Tools

kmoriのネタままプログラミング日記さんによると 21世紀版ドラゴンブック(*1)が出版されたらしい。

今度のドラゴンは 3DCG なのね。個人的には前のドラゴンのほうがよかった。

英語で読むのはつらいのではやく翻訳してほしいところ。もっとも前のドラゴンブックも積読状態なんだけどね(^^;

*1) Alfred V. Aho のコンパイラ本なんだけど、表紙のイラストから通称ドラゴンブックと呼ばれている

Tags:

2 Responses to “Compilers: Principles, Techniques, and Tools”

  1. sumim より:

    コンパイラといえば、Strongtalk がフル・オープンソース化されたのはご存じでしたか? オプショナルな静的型チェック機能(これは実行時最適化とは関係ありません。念のため…)を有する Smalltalk 処理系で、後に Java HotSpot VM に応用された SELF 由来の VM 高速化技術が使われています。

    http://www.strongtalk.org/

  2. GNUE(鵺) より:

    いえ、知りませんでした。というか Strongtalk 自体よくわかってません(^^;

    Sun で開発された Smalltalk 実装なんですね。どうも Sun と Smalltalk ってイメージが結びつかないのですが Java に影響を与えてるんですね。